現在位置: ホーム 記事 news2016 JpGU「アイスコアと古環境変動」セッション

JpGU「アイスコアと古環境変動」セッション

日本雪氷学会会員の皆様 重複して受け取られる方はご容赦ください。 日本地球惑星科学連合2016年大会(2016年5月22-26日:幕張メッセ)におきまして、セッ ション「アイスコアと古環境変動」を ...


日本雪氷学会会員の皆様

重複して受け取られる方はご容赦ください。

日本地球惑星科学連合2016年大会(2016年5月22-26日:幕張メッセ)におきまして、セッ
ション「アイスコアと古環境変動」を5月25日(水)に開催
いたします。
アイスコアによる古環境研究をはじめ、関連研究(時間スケールの共通する海底や陸上
の試料による古環境復元、各種モデリング、シグナルの記録・変質プロセス、環
境復元の方法論など)のご投稿を歓迎いたします。
他のセッションで発表予定の方も、こちらでのご発表・議論もご一考下されば幸いで
す。


==============================================================
セッション名:アイスコアと古環境変動
セッションID:A-CC21
代表コンビーナー:川村賢二
共同コンビーナ―:竹内望・阿部彩子・大藪幾美
セッション内容:
極地や山岳域で採取した雪氷コアの解析は、数年から数十万年の時間スケールにおけ
る地球環境変動の復元や、そのメカニズムに関する研究の進展に貢献してきた。本
セッションでは、それらの雪氷コア解析の成果や、関連する古環境変動(堆積物、モデ
ル等による成果)を中心に発表・議論する。コア解析のみならず、雪氷や堆積物
への環境情報の記録プロセスや変質過程などを含む、古環境復元の方法論に関する発
表も歓迎する。地域や時間スケールが一致する海洋底コアや陸上堆積物コア、樹木
年輪、モデル等を用いた研究とのつながりを重視し、古環境変動を多角的に議論する
場としたい。

セッションURL:
http://www.jpgu.org/meeting_2016/session_list/detail/A-CC21.html
==============================================================

1月7日(木) 投稿受付開始
2月3日(水)24:00 早期投稿締切(早期投稿料 3240円 税込)
2月18日(木)17:00 投稿締切(通常投稿料 4320円 税込)

投稿は会員ログイン画面の「投稿」ボタンから行ってください。
https://www.member-jpgu.org/jpgu/ja/

投稿についての詳細は大会ウェブページをご参照ください。
http://www.jpgu.org/meeting_2016/submission.html




-------------------------------------------------------
Ikumi Oyabu, Ph.D

National Institute of Polar Research
Midori-cho 10-3, Tachikawa-shi, 190-8518 Tokyo, Japan
E-mail: oyabu.ikumi _at_ nipr.ac.jp
Tel: +81-(0)42-512-0760





雪氷学会への連絡は

事務局

住所:

〒162-0801
東京都新宿区山吹町358-5
アカデミーセンター
公益社団法人
日本雪氷学会事務局
担当 深津


電話番号:

音声:03-6824-9386
FAX:03-5227-8631


E-mail: jimu@seppyo.org


ホームページ担当者

E-mail: joho@seppyo.org


« 2021 年 6月 »
6月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930