現在位置: ホーム BGR BGR Volume 22

BGR Volume 22

 
Bulletin of Glaciological Research
Volume 22
January 2005
     
目 次
     
ARTICLES    
中国祁連山の氷河の表面を覆う大量の生物起源の汚れ物質(クリオコナイト)  
  竹内望、松田好弘、坂井亜規子、藤田耕史
1
     
北東シベリア・スンタルハイアータ山脈における小氷期以降の氷河後退の見積り  
  Maria D. Ananicheva、M. M. Koreisha、高橋修平 9
     
REPORTS
中国祁連山黒河の年流量の類推的シミュレーション  
  Vladimir Konovalov、中尾正義 19
   
インド、ガルワール・ヒマラヤのディン・ガッド流域における気温の高度減率  
  Renoj J. Thayyen, J. T. Gergan and D. P. Dobhal
31
     
クロスカントリ競技スキーの走路の雪の含水率と密度の特性  
  Dag A. Moldestad
39
     
富山県における降水および立山室堂平における積雪ピット中の過酸化物濃度の測定  
  渡辺幸一、岩井亜弓美、竹田希美、武部裕作
51
     
冬季の温暖化が渓流水の酸性化に及ぼす影響  
  鈴木啓助
57
     
積雪アルベドに対する雲と含水率の影響  
  Punit Vashisth
63
     
氷河氷試料に含まれるアミノ酸の定量  
  中澤文男、大田啓一、原田尚美、藤田耕史、中尾正義
69
     
氷食谷の横断面発達の数値実験  
  Hakime Seddik、杉山慎、成瀬廉二
75
     
ロシア・アルタイ山脈ソフィスキー氷河におけるアルカン類の濃度、沈着量、発生源変動  
  三宅隆之、中澤文男、河野美香、植竹淳、鈴木啓助、亀田貴雄、藤井理行、中尾正義、
大田啓一

81
     
マッキンリー山におけるピット観測およびアイスレーダー観測(2004年)  
  金森晶作、大蔵喜福、白岩孝行、吉川謙二
89
     
天山山脈ウルプト氷河の岩屑被覆の形成  
  岩田修二、黒田真二郎、K. Kader
99
     
2003年のパタゴニア氷河研究の概観  
  安仁屋政武、佐藤和秀、P. Skvarca、安間了、青木賢人、澤柿教伸、谷川朋範、成瀬廉二、
N. Glasser、S. Harrison
109
     
コーカサス・ジャンクワット氷河の過去34年間の質量収支変遷と形態変化  
  Victor V. Popovnin、成瀬廉二
121
雪氷学会への連絡は

事務局

住所:

〒162-0801
東京都新宿区山吹町358-5
アカデミーセンター
公益社団法人
日本雪氷学会事務局
担当 深津


電話番号:

音声:03-6824-9386
FAX:03-5227-8631


E-mail: jimu@seppyo.org


ホームページ担当者

E-mail: joho@seppyo.org


« 2019 年 8月 »
8月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031